JA紀北かわかみは、安心・安全を提供しています。いつも地域の皆さまの近くに。
ホーム
/
新着情報
営農 のお知らせ
第4回目 担い手塾
2015/07/21

◆第4回目 担い手塾◆

 

営農課が7月9日、かつらぎ支店で第4回目担い手塾を開講しました。

今回の担い手塾は、元農業塾長の小西昌治さんによる「農業の魅力」と

営農指導員による「ナバナ栽培の基礎」についての講義を行いました。

 

講義終了後は、前回に引き続き、2回目の摘果を園地にて行いました。

柿の実も順調に大きくなっていて、

1回目の摘果で見過ごした奇形果や傷果が、よく見えるようになりました。

下の写真がその果実です。

このような果実は、商品価値が下がってしまうため、見つけ次第落とすように指導がありました。

                           

次回の講座は、8月27日(木)の9時から、かつらぎ支店で

「柿の収穫前作業」についての講義と実習を行う予定です。

中晩柑の摘果講習会を実施しました(6月30日)
2015/07/01

◆◆中晩柑の摘果講習会を実施しました◆◆

営農課が6月30日、かつらぎ町三谷の園地で「不知火」

「はるみ」等の中晩柑摘果講習会を開きました。

営農指導員は高品質果実生産のためには、早期の適正

摘果が必要と指導。

傷果、上向き果などを中心に摘果し、着果数、着果位置などの

確認を行いました。

 

また樹勢維持、隔年結果防止対策としての上部摘果についても実演。

8月~10月に干ばつがあると、果実肥大不良となり酸味が

増すので減酸対策として、夏季乾燥時の灌水の徹底をよびかけました。

生産者は園地で資料と樹を見比べながら、適正着果量と摘果が

必要な果実、部位の確認をしました。

 

九度山小学校の生徒が「真田タイム」で柿学習(6月29日)
2015/07/01

☆☆九度山小学校の生徒が「真田タイム」で柿学習☆☆

JA紀北かわかみ営農課・柿生産者・九度山町立九度山小学校が連携し

6月29日、食農教育の一環として地域の特産品である刀根早生柿

富有柿についての実地学習を行いました。

 

参加したのは九度山小学校3年生26人。

九度山小学校では、地元ゆかりの戦国武将・真田幸村にちなみ、

総合的学習の時間を「真田タイム」と名づけて地元の特産品などを

学んでいます。

 

毎年恒例となった「真田タイム」の柿学習では、九度山町在住の

中谷裕一さんとJA営農指導員が講師を務め、柿園地に出て

柿の成育状況や品種の特徴について指導しています。

生徒は渋柿と甘柿の違いや、これから本格的に始まる摘果の必要性など

前もって考えてきた質問を積極的に投げかけました。

秋には富有柿の収穫体験も行われる予定です。

第3回目 担い手塾講座
2015/06/16

◇第3回目 担い手塾講座◇

  5月28日、かつらぎ支店2階研修室にて、柿の摘果・ハク皮の講座が開かれました。

摘果は、大きくて、商品性の高い果実を生産するための重要な作業となります。

この講座では、指導員と一緒に、基礎的な知識の確認と園地での実習を行いました。

 

上の写真では、主枝におけるハク皮の実演を行っています。

ハク皮とは、幹や枝の皮部に刃物で環状に切り込みを入れて皮部をはぎ取ることを言い、この作業を行うことで、葉で作られた養分が根へ降りるのを遮断するため、上部の果実に養分が蓄積されます。結果、花芽分化が促進され、果実の成熟が進み、早くからの収穫が可能となります。

 

左が側枝のハク皮、右が主枝のハク皮です。側枝のハク皮は、枝折れしやすいので、竹片で補強しています。

これから、摘果・ハク皮の作業が本格的に始まる時期。受講者たちは熱心に聞いていました。

 

次回の担い手塾は「農業の魅力、ナバナ栽培の基礎」の内容で、7月9日(木)に開催予定です。

 

※ハク皮は果実の成熟を早めるメリットもある反面、樹勢が弱くなる等のデメリットもあるので、処理する際は注意して行ってください。

 

小梅の目揃会を開催(5月12日)
2015/05/13

☆☆小梅の目揃会が各地でスタート☆☆

JA紀北かわかみ営農課と販売課が小梅生産者を対象に、5月12日三谷集荷場と

笠田集荷場で小梅の目揃会を開き、出荷基準の統一を図りました。

同JA管内集荷場では13日から小梅の荷受けが始まります。 

目揃会では未熟果や病虫害被害果といった荷受基準となる果実を展示し、

荷受付加果や選果時の注意点が説明され、家庭選別の重要性と徹底が呼びかけられました。

また営農指導員と生産者の間で発生が危惧される病害虫の現況に

ついての情報交換も行われました。

同JAでは高品質果実の出荷を目指し、市場との連携を強化して計画的な出荷を行い、

効率的な販売を目指します。