JA紀北かわかみは、安心・安全を提供しています。いつも地域の皆さまの近くに。
ホーム
/
新着情報
営農 のお知らせ
地元農家と連携して食農教育活動~渋田小学校の生徒が桃の収穫体験~
2018/08/07

 

◆◆桃の収穫体験で甘い桃を丸かじり◆◆

 

 

かつらぎ町の桃生産者・安井仁志さんの桃園で、

営農指導員が講師のもと、かつらぎ町立渋田小学校4年生11人が7月17日、

桃の収穫体験をしました。

 

  

 

営農指導員から桃の品種や栄養、摘蕾、摘果、袋掛けなど

収穫までの作業や桃農家の大変さについて説明を受け、

農業や食の大切さを学びました。

 

営農指導員からの説明の後、

安井さんから桃の見合分け方や採り方について丁寧に教えていただきました。

 

  

 

桃について勉強した後は、いよいよ収穫体験!

甘くて美味しい桃はどれかなと、児童らは思い思いの桃を収穫しました。

収穫した桃はその場で試食会!

溢れ出す果汁に美味しそうな表情で桃にかぶりついていました。

 

  

  

 

この取り組みは、JAバンク食農教育活動助成事業を利用しています。

 

 

 

総合的な学習の時間「真田タイム」で九度山小学校の生徒が「柿」学習
2018/08/07

 

 

◆◆「真田タイム」で地元の特産品「柿」を学ぼう◆◆

 

 

柿生産者とJA紀北かわかみ営農課が連携し、

食農教育の一環として実施している柿学習「真田タイム」が7月10日、

九度山町在中の中谷裕一さんの柿園地で行われました。

 

 

  

 

 

九度山町立九度山小学校3年生29人の生徒が、地元の特産品「富有柿」と「平核無柿」について学びました。

同校は、総合的な学習の時間を戦国武将・真田幸村のゆかりの地に関連付けて

「真田タイム」と名付け、「九度山の町自慢」をテーマに

地元の特産品などを学ぶ機会としています。

 

 

  

 

 

児童らは柿の生育状況・品種の違いなどについて中谷さんから説明を受けた後、

事前に準備していた「13の質問」を投げかけて、

現状の果実の様子をスケッチに残しました。

次回の「真田タイム」は、柿の収穫時期の秋に行う予定です。

 

 

 

 

 

 

青年部による食農教育活動~橋本小学校の生徒が黒枝豆の収穫体験~
2018/08/07

 

◆◆橋本小学校の生徒が黒枝豆の収穫体験◆◆

 

 

青年部による食農教育活動として、橋本市立橋本小学校の生徒が

7月3日に黒枝豆の収穫体験を行いました。

 

最初に、青年部橋本支部長の大原康平さんより、

枝豆の栽培方法や収穫の仕方について説明がありました。

 

 

説明の後は、いよいよ収穫スタートです。

初めて枝豆を収穫する子どもが多く、

青年部員や営農指導員が付き添いながら行われました。

 

  

 

収穫した枝豆は、子どもたち自身で葉を落とします。

また、最後に農業や食の大切さについても勉強しました。

今回のこの経験を通して、

これからもっと農業に興味を持ってくれたら嬉しいですね。

 

  

 

この取り組みは、JAバンク食農教育活動助成事業を利用しています。

 

 

 

 

第4回目 担い手塾
2018/06/19

◆◇第4回目 担い手塾◇◆

第4回目となる担い手塾が、6月7日に開催されました。

今回は「柿の摘果とハク皮について」の講義が行われ、講義後は園地に移動して

柿の摘果実習を行いました。

  

 【主枝はく皮について指導を受ける様子】

また、その後はトウモロコシの播種、キュウリ・ナスの整枝についての実習も行われました。

例年、塾生にはキュウリとナスの苗を配布し、各家庭で育てていただいています。

塾生たちは、家庭との生育の違いや今後の管理についてなど、質問を交えて熱心に説明を受けていました。

 

第3回目 担い手塾
2018/06/19

◆◇第3回目 担い手塾◇◆

第3回目となる担い手塾が、5月24日にかつらぎ支店2階会議室にて開催されました。

今回は、日本農薬より外部講師を招いて「農薬の基礎について」の講義が行われ、

農薬の製剤の違いについて実演を交えて説明していただきました。