特産品カレンダー

ホーム
/
特産品カレンダー
おいしいくだものが一年中。 紀の川両側の岡陸地を中心にした地域は、太陽がさんさんと降り注ぎ、一年を通じて果物や野菜が栽培される地域です。この地域にその光が絶えることのないように、私たちJAは種をまき続けます。
年間スケジュール

くだものについて

ウメ / 5月後半〜7月前半

ウメ / 5月後半〜7月前半

健康ブームから、近年、栽培面積が一気に増えたのが、ウメです。山間地域を中心に作られています。最近は、採果熟度を上げて、梅酒用としての出荷が大きな割合を占めています。

スモモ / 5月〜8月

スモモ / 5月〜8月

大石早生を主体に、かつらぎ町の山間部と橋本市を中心に栽培されています。大石早生から品種を次々リレーして、最後は、晩生で濃厚な味の大玉品種「太陽」が出荷されます。

モモ / 5月〜8月

モモ / 5月〜8月

夏を彩る果物、桃。かつらぎ町の紀の川両岸平地を中心に、水はけの良い土壌で作られています。5月のハウスモモから始まり、6月中旬から8月中旬までの約2カ月間が出荷最盛。おいしい桃を提供するため完熟の桃を出荷する試みも行なっています。

ブドウ / 7月〜8月

ブドウ / 7月〜8月

橋本市は巨峰、かつらぎ町はピオーネが主体と、品種は異なりますが、県下でも大きなブドウ産地です。地域で観光・直売に取り組む例も増えました。

柿(ハウス含) / 7月〜1月

柿(ハウス含) / 7月〜1月

かつらぎ町、橋本市、九度山町と、JA紀北かわかみの柿生産量は全国有数。
出荷期間も、ハウス柿から始まり、富有柿の冷房まで含めると、6月末から12月末まで、半年間は柿で埋めつくします。全国で約20万トン以上の販売 量のうち、10個に1つは「JA紀北かわかみ」育ちの柿ということになります。
最近では、園地登録された生産者によって出荷されるブランド柿「腕自慢」にも取り組んでいます。
特に渋柿の代表、刀根早生柿・平核無柿は和歌山県内産の6割、富有柿は県内産の8割近くがJA紀北かわかみ産です。

キウイ / 11月後半〜3月

キウイ / 11月後半〜3月

日本に根付いたトロピカルフルーツ「キウイ」。ビタミンC含有量やペクチンを中心とする食物繊維が豊富です。当JA管内ではかつらぎ町を中心に出荷があります。

みかん(ハウス含) / 8月後半〜12月

みかん(ハウス含) / 8月後半〜12月

みかん園・柑橘園転換事業で大幅に減少しましたが、柿を中心にした落葉果樹だけでは労力が集中してしまうなか、労力分散という意味からも、今も適地を中心にみかん・晩柑は健在です。
味がもっとも重視される果樹だけに、特別な栽培を行い、一定以上の糖と酸の果実のみを出荷する「完熟みかん」などの取り組みも行われています。

ネーブル / 11月後半〜3月前半

ネーブル / 11月後半〜3月前半

ネーブルオレンジは、和歌山県産が全国の生産量の20%を占めています。和歌山県産の40%をかつらぎ町で生産しています。

イチゴ / 12月〜5月前半

イチゴ / 12月〜5月前半

JA紀北かわかみのイチゴは、阪神地区で好評を得ています。土耕栽培では土作りを徹底することで土の力を最大限に発揮し根を活性化させます。また、一部で漢方生薬を使った栽培方法にも取り組むなど、品質追求を徹底しています。

ACCESS MAP / アクセスマップ

所在地 〒694-6445 橋本市岸上522-1

所在地  〒694-6445 橋本市岸上522-1 電話番号 0736-33-2500 FAX番号 0736-33-3320 営業時間 9:00~18:00 (4~9月)      9:00~17:00 (10~3月) 休業日  毎月第1水曜日・お盆・年末年始

和歌山・奈良の観光案内ルートマップ

ドライブ・デートにおすすめ観光地の通り道ででやっちょん広場にお立ち寄り下さい。