JA紀北かわかみは、安心・安全を提供しています。いつも地域の皆さまの近くに。
ホーム
/
新着情報
JAだより 2014年のお知らせ
年末・年始営業形態について
2014/12/30

冬の寒さ対策に!ほっとベスト販売中(資材課)
2014/12/26

仕事もレジャーもこれ1枚!

冬の寒さに!ほっとベスト販売中!!

画像をクリックするとpdfファイルが開きます。

青年部部員が毎日農業記録賞(毎日新聞社主催)優良賞受賞
2014/12/18

◆◆青年部部員が毎日農業記録賞・優良賞◆◆

農業や食、環境への思いをつづる毎日農業記録賞(毎日新聞社主催)優良賞の一般部門に

青年部の丹生英二さんの「ぼくらができたこと」の発表が選ばれました。

管内でも耕作放棄地が深刻化しており、青年部では10年前から「耕作放棄地で何が作れるか」を

テーマに耕作放棄地を借り受け、名産の果樹と競合せず省力品種であるソバの栽培を行っています。

収穫されたソバは製粉・製麺され、デイサービスセンターや農家レストラン食菜館などに

販売・提供していますが、収穫量の不安定さが課題で、現在はソバと平行して荒天に強い

ニンニク栽培を始めています。

これらの試行錯誤の活動が高く評価されての受賞となりました。

 

青年部会員45人は橋本・伊都地方の柿生産者が中心。

肥料・農薬の研修会、学童農園の運営などで定期的に集まり、技術や経験などを積極的に

情報交換しています。

プレミアム串柿『百壽』箱入式・奉納式
2014/12/16

■■プレミアム串柿『百壽』箱入式・奉納式■■

12月15日、JA紀北かわかみ四郷串柿部会(かつらぎ町)・市町村・

地域伝統産業継承者らで構成される伊都・橋本伝統産業コラボレーション

企画委員会が、地域の伝統産業の合作である「プレミアム串柿『百壽(ひゃくじゅ)』」の

箱入式と奉納式を高野山真言宗総本山金剛峯寺で行いました。

 

2010年から四郷串柿部会では通常の串柿用の約2倍の大きさの柿でプレミアム串柿を

生産しており、今年11月には金剛峯寺から『百壽』と名が授けられました。

 

『百壽』の化粧箱は高野霊木のヒノキ材が用いられており、橋本市在住の県指定伝統工芸品

紀州高野組子細工師・池田秀孝氏が箱を製作。

串柿を包む和紙は九度山町紙遊苑で復元された伝統ある手漉き和紙「髙野紙」が

使われるなど周辺地域の伝統産業を継承する匠の技が集まっています。

『百壽』は首相官邸や各市町村のほか、今年から九重部屋にも届けられます。

 

写真(左) 通常サイズの串柿と『百壽』

 

 

富有柿ブランド『夢』のトップセールス
2014/12/08

◆◆富有柿ブランド『夢』のトップセールス◆◆

12月6日、JA紀北かわかみは、大阪市中央卸売市場本場で完熟富有柿のブランド『夢』のトップ

セールスをおこないました。

『夢』の出荷は今月中旬まで続き、約200ケースを計画しています。

『夢』は市場デビュー4年目。

管内は全国でも有数の富有柿産地として知られており、九度山町にあるJA紀北かわかみ

マルい選果場では「高糖度の付加価値をつけることで日本一の最高級柿を作りたい」と、

平成22年から、袋がけを行い樹上で完熟させる「あま熟富有柿」をブランドとして確立するため、

「あま熟富有柿部会」を立ち上げて栽培技術を高めており、現在は33農家が生産を行っています。

基準糖度は18度以上。

糖度、カラーセンサーで選別し、目視による最終チェックで選び抜いた特秀品を厳選して

「夢」と名づけて出荷しています。

同日の初セリでは、例年より少なめの11ケースが出荷。高値は1ケース(6玉)30,000円でした。

 

 

 

富有柿の最高級ブランド「あま熟富有柿『夢』」の選果スタート
2014/12/05

★★富有柿の最高級ブランド「あま熟富有柿『夢』」の選果スタート★★

12月4日、九度山町にあるJA紀北かわかみマルい選果場で、樹上で完熟させる富有柿の

最高級ブランド「あま熟富有柿『夢』」の選果が始まりました。

『夢』は糖度や色にこだわったブランドで5日、大阪市中央卸売市場へ初出荷されます。

生産者は「上々の出来栄え」という自信作で、1ケース(6~9個)あたり1万円程度に

なると期待しています。

 

管内は全国でも有数の富有柿産地として知られており、「高糖度の付加価値をつけることで

日本一の最高級柿を作りたい」と、平成22年から「あま熟富有柿」をブランドとして確立するため、

「あま熟富有柿部会」を立ち上げて栽培技術を高めており、現在は33農家が生産を行っています。

富有柿に袋を掛け、樹上完熟させることで収穫時期を遅らせ、富有柿本来の色と食味を発揮させ

商品力と消費の向上を図るため「あま熟富有柿」という名称で売り出しています。

また、あま熟富有柿の中でも特に形・色づきが良く、糖度18度以上の特秀品を厳選して

「夢」と名づけています。

この日は約7000個の「あま熟富有柿」が集荷され、糖度が規定以上のものを約420個選別。

さらにJA職員らが目視で色や傷を入念にチェックした約100個が『夢』となりました。

『夢』は今月中旬までに、約200ケースが出荷される見通し。

中谷裕一・あま熟富有柿部会会長は「今年はカメムシの異常発生に悩まされたが、

農家の努力で品質のよい柿ができた。贈答用などに使用してほしい」と語りました。

 

 

26年度 肥料・農薬予約推進キャンペーンの抽選が行われました
2014/12/02
★★抽選で豪華景品プレゼント★★

JA紀北かわかみ資材課では肥料・農薬を予約注文いただいた
組合員さんの中から抽選で豪華景品をプレゼントさせてもらっています。

11月21日の管理者会議で役職員が見守る中、
予約購入メリットを発揮するためはじまった
「肥料・農薬予約推進キャンペーン」の抽選会が厳正に行われ、
一等に当選した組合員さんに景品の草刈機とチェーンソーの
「草刈りセット」が届けられました。
 
伝統を次代に プレミアム串柿命名「百壽」
2014/11/28

◆◆伝統を次代に プレミアム串柿命名「百壽(ひゃくじゅ)」◆◆

11月28日、高野山真言宗総本山金剛峯寺で伊都・橋本地域の伝統産業の合作である

「プレミアム串柿」の命名式が行われ、同寺から99歳の長寿を祝う「白寿」にかけて

「百壽(ひゃくじゅ)」という名前が授けられました。

かつらぎ町四郷地区の四郷串柿部会では同地区の「日本一の串柿」を広く知ってもらおうと、

2010年からプレミアム串柿を生産している。

プレミアム串柿の柿は、通常の串柿用の2倍ほどの大きさで、厳選した最高級品が使わています。

化粧箱は高野霊木のヒノキ材が用いられており、橋本市在住の県指定伝統工芸品

紀州高野組子細工師・池田秀孝氏が箱を製作。」

串柿を包む和紙は九度山町紙遊苑で復元された伝統ある手漉き和紙「髙野紙」が使われています。

これら周辺地域の伝統産業を継承する匠の技が集まった「プレミアム串柿」は

今後「百壽」と呼ばれることになります。

12月15日には高野山金剛峯寺で箱入れ式と奉納式が行われます。

*一般販売はしておりません。

 

串柿の写真は昨年のものです。

廃棄農薬・空容器及び廃棄ビニール回収のお知らせ
2014/11/27

廃棄農薬・空容器及び廃棄ビニール回収のお知らせ

廃棄農薬、肥料農薬の空容器、コンテナ、畔シート、育苗箱、農業用ビニール等の処分は

産業廃棄物としての取り扱いとなりますので、一般家庭ゴミと区別して処分する必要があります。

JA紀北かわかみでは、環境保全のため廃棄プラスチック等の回収をおこなっています。

回収内容や時期などについては、下記のとおりです。

廃棄農薬

【持ち込み場所】

橋本市内の方・・・・・橋本資材センター、橋本西部支店、橋本東支店

九度山町内の方・・・・・橋本資材センター、九度山支店

高野町内の方・・・・・・橋本資材センター、高野支店

    取扱日時:1月13日(月)~17日(金)   午前8時30分~午後5時

 

かつらぎ町内の方・・・かつらぎ中央総合選果場 

    取扱日時:1月10日(土)  午前9時~正午

 

廃棄ビニール・空容器等

【持ち込み場所】

PCセンター(旧マルい1号選果場)

 

かつらぎ資材センター管内の方・・・・1月20日(火)  午前9時~正午

橋本資材センター管内の方・・・・・・1月21日(水)  午前9時~正午

 

※廃棄ビニール、肥料空袋は、10kg程度に小分けしてヒモで崩れないようきつく縛って持ち込んでください。

※上記日程以外は、受付出来ませんのでご留意ください。

※廃棄には、処理委託申込書と印鑑が必要です。

処理費用は後日、ご利用の口座から引き落としさせていただきます。

詳しくは、各資材センターまたは各支店窓口までお問い合わせください。

橋本農機センター   0736-32-0030 / 橋本資材センター  0736-32-0030

かつらぎ農機センター 0736-22-0124 / かつらぎ資材センター 0736-22-7822

本店資材課      0736-42-3095

 

12月から給油所の営業時間が変わります
2014/11/27

出資予約貯金の取り扱いについて(お知らせ)
2014/11/27

◆◆出資予約貯金の取り扱いについて(お知らせ)◆◆

出資予約貯金の取り扱いが下記のとおり変更となりました。

現在、出資の配当金は出資予約貯金(通帳は発行しておりません)に入金しておりますが、

平成27年度より配当金は原則普通貯金へのお振込みとなります。

変更手続きが必要となりますので、各支店窓口までお申し出ください。

 

ご不明な点、お手続きに関しましては各支店出資担当者もしくは

総務課(0736-42-5172)までお問い合わせください。

「郷土食体験 地域の食と農を知ろう」生活課の出前授業
2014/11/26

11月26日、JA紀北かわかみ生活課、橋本市生活研究グループ、伊都振興局が協力し、

橋本市立西部小学校の5年生を対象に「柿の葉寿司」「いのこもち」「うち豆腐入り味噌汁」

といった紀州の郷土料理作りの「出前授業」を行いました。

地域に根ざした食育・地産地消推進事業の一環と同JAでは様々な地元団体と連携することで、

積極的に地元の小学校を訪問し、教育を側面的に支援し、児童らの「食」と「農」への関心を

高めるための食農教育を行っています。

今回の授業は「郷土食体験 地域の食と農を知ろう」をテーマに、昔から紀ノ川流域の各家々で

ハレの日のごちそうとして親しまれている「柿の葉寿司」などを紹介。

橋本市生活研究グループメンバーが、郷土料理の歴史を交えながら作り方を説明し、

「これらの料理は郷土料理とはいえ、自宅で作る人は減ってきています。

皆さんのご家庭では作ったことがありますか」と問いかけました。

 

 

軟化してしまった柿を活用したお手軽デザート
2014/11/21

◆◆軟化してしまった柿。美味しく活用してみましょう◆◆

JA紀北かわかみ販売課では、和歌山県の特産品である柿の魅力を幅広い

消費者にPRするため自然素材そのものの栄養とおいしさを生かせるよう、

できる限り加工をおさえたデザートを紹介しています。

ビニールハウス栽培や品種改良などによって旬に関係なく、一年中出回っている

農作物も多い中、柿は季節感のある数少ない果物。

しかし近年、柿をはじめ果物の消費量が減少傾向にあります。

特に若い世代を中心に、生鮮果実の消費量が減ってきています。

背景には、世代数の減少による生鮮果実の食べにくさや、酸味離れなどがあると

いわれています。

柿もすぐに柔らかくなってしまう独特の「食感」が好き嫌いのわかれる原因の一つ。

そこで販売課では柔らかくなってしまった柿の利用法として、ピューレやジャム作りを

提案しています。しかしこれには問題点もあります。

柿に干し柿や柿酢以外の加工品があまり存在していない原因の一つが、

「渋戻り」という現象。

甘柿の場合はそれほど心配ありませんが、渋柿の場合、渋抜きされて、そのまま

食べた時には甘く感じますが、加熱する事でこの渋味が戻ってしまう場合があります。

渋抜きとは渋味の原因であるタンニン同士が結合することで粒子が大きくなり、

舌に感じなくさせるもので、タンニンが無くなったわけではないので、加熱することに

よって再びタンニンが離れて渋味を舌に感じる状態に戻ってしまいます。

しかし、渋戻りはタンニンを別のタンパク質と合体させる事でこの現象を避けることができます。

この特性に注目し、ジャムやピューレは、牛乳やヨーグルトなどの乳製品などと

一緒に食べれば渋味が感じなくなるということを積極的に紹介しています。

杏仁豆腐に柿のピューレを乗せたデザートもその一つ。

「渋戻りに気をつければ、おいしい柿のレパートリーも広がります」と、販売課職員が

紹介する簡単レシピは、柿をミキサーにかけ、ピューレ状にしただけのもの。

柔らかくなってしまった柿を冷凍保存する事でシャーベットのように食べることもできます。

写真は紀の川柿を使用したので、少し黒ずんだようなピューレになっています。

高野山金剛峯寺へ「天野米」奉納
2014/11/10

★★高野山金剛峯寺へ「天野米」奉納★★

11月10日、JA紀北かわかみが高野山総本山金剛峯寺に御用達米

「天野米」の新米30キロ3袋を奉納しました。

「天野米」はかつらぎ町天野地区で良質な紀伊高野山系の清水を使って栽培されており、

2004年から金剛峯寺御用達米に認定されています。

 

事前審査して完全管理された登録園地で「紀北川上農業協同組合天野良質米部会」が

安全安心を基本とし、厳正な生産規準を遵守し栽培したキヌヒカリのなかから食味75度以上の

米のみを「高野山総本山金剛峯寺御用達「天野米」として販売しています。

高野山総本山金剛峯寺大広間で行われた奉納式では下林茂文代表理事組合長は

目録を手渡し、「米は日本の食の中心である、食を支えるのは農業。

その農を担う農家を支えていくJAであらねばならない」と語りました。

「天野米」は粘り気と甘味があり、同JAが経営する大型直売所「やっちょん広場」や

Aコープかつらぎ店に設置している「コメール」でも販売されています。