JA紀北かわかみは、安心・安全を提供しています。いつも地域の皆さまの近くに。
ホーム
/
新着情報
JAだより のお知らせ
紀見小学校のウインタースクールで出前授業
2016/01/07

★★紀見小学校のウインタースクールで出前授業★★

JA紀北かわかみ生活課が「地域で暮らす子どもたちに『食』や『農業』への興味や

関心を高めてもらいたい」と、出前授業に力を入れています。

地域の小・中学校の「総合的学習」などの時間を活用し、生活指導員が学校を訪問して

講師を務める出前授業で要望が多い内容は地域の食材を使った料理。

授業後に提出される感想文では多くの児童が食べ物や生産者への感謝の

気持ちを書いてくれているそうです。

 

橋本市立紀見小学校で1月6日、長期休暇中の児童を地域ぐるみでサポートする

ウインタースクールが実施されました。

この試みは家族が働きに出ている児童や、長期休暇で乱れがちになる児童の生活リズムを整え、

学習とは違う知識やスキルを身につけることが目的です。

この日は生活指導員、フレッシュミズ、地域の学生ボランティアらが協力して地域の

野菜を使ったピザ作りを指導しました。

 

児童らはグループで協力しながら生地を薄くのばした後、好みの材料をトッピング。

フライパンで焼き上げた熱々のピザを堪能しました。

参加した児童からは「思ったより固くて生地をのばすのが大変だった。でも具だくさんで

おいしい」ととても喜んでもらえました。

 

年末年始の営業形態のご案内
2015/12/30

◇◆年末年始の営業形態のご案内◆◇

 

 

 

12/26

(土)

12/27

(日)

12/28-12/30

(月)-(水)

12/31

(木)

1/1

(金)

1/2

(土)

1/3

(日)

本店

支店

通常営業

かつらぎ・橋本

資材センター

通常営業

8:30

12:00

かつらぎ・橋本

農機センター

通常

営業

通常営業

ガソリン

スタンド

通常

営業

17:00

Aコープ

かつらぎ店

通常営業

9:00

19:00

9:00

18:00

コメール

(米工房)

通常営業

FM

やっちょん広場

通常営業

9:00

14:00

セレモニーホール

紀の川

24時間 無休受付(0736-42-5588)

セレモニーホール紀の川は、1/2通夜のみ可能。1/3より通常営業

セレモニーホール紀の川かつらぎは、1/3通夜のみ可能。1/4より通常営業。

デイサービス

センター

通常営業

◆休日交通事故受付は、JA共済事故受付センター TEL 0120-258-931(フリーダイヤル)へ。

◆ガソリンスタンドの営業時間は、平日 GSはしもと7:30~19:00、本店給油所7:30~19:00、

JOYかつらぎ7:00~19:00。本店給油所のみ日・祝日8:00~17:00

串柿のセリが始まりました(12月21日)
2015/12/24

お正月の縁起物!串柿のセリがスタート

12月21日、かつらぎ町四郷地区の特産である串柿の初セリが

大阪市中央卸売市場などで行われました。

JA紀北かわかみの串柿生産量は全国生産量の約9割を占めており、

四郷串柿部会は初セリに大串と小串を各6500ケース出荷しました。

下林組合長は「今年は天候不順に悩まされたが、生産者努力によって

立派な串柿ができた。日本の正月文化を大切にしたい」とあいさつしました。

 

お母さんと作ろう、特別なクリスマスケーキ♪(フレッシュミズ)
2015/12/24

お母さんと作ろう、特別なクリスマスケーキ♪

思い出に残るクリスマスを演出しようと、フレッシュミズが、

「親子で手づくりクリスマスケーキ教室」を開きました。

 参加者はスポンジケーキに苺やマカロンなどでカラフルにデコレーション。

パウダーシュガーを振りかけて雪を表現するなどして

工夫を凝らしたケーキ作りを親子で楽しみました。

 

 

プレミアム串柿『百壽(ひゃくじゅ)』」の箱入式と奉納式(12月11日)
2015/12/18

JA紀北かわかみ四郷串柿部会、市町村、地域伝統産業継承者らで

構成する伊都・橋本伝統産業企画委員会は18日、地域の伝統産業の

合作である「プレミアム串柿『百壽(ひゃくじゅ)』」の箱入式と奉納式を

高野山真言宗総本山金剛峯寺で行いました。

『百壽』は首相官邸、各市町村などにも届けられることになっています。

2010年から四郷串柿部会では通常の串柿用の約2倍の大きさの柿で

プレミアム串柿を生産しています。

 

昨年金剛峯寺から『百壽』と名が授けられました。

『百壽』の化粧箱は高野霊木のヒノキ材を使用。

橋本市在住の県指定伝統工芸品紀州高野組子細工師・池田秀峯氏が箱を製作。

串柿を包む和紙は九度山町紙遊苑で復元された伝統ある手漉き和紙「髙野紙」が

使われるなど周辺地域の伝統産業を継承する匠の技が集まっています。