JA紀北かわかみは、安心・安全を提供しています。いつも地域の皆さまの近くに。
ホーム
/
新着情報
JAだより のお知らせ
高野口小学校の児童がリンゴ収穫体験(11月25日)
2015/11/25

★★高野口小学校の児童がリンゴ収穫体験★★

JA紀北かわかみ青年部かつらぎ支部が11月25日、かつらぎ町御所にある

リンゴ園で市内の小学生を招待して収穫体験を実施しました。

参加したのは橋本市立高野口小学校5年生約40人。

児童は園主とJA営農指導員からリンゴの歴史や栽培方法を教わった後、

赤く熟した「ふじ」を収穫。

大きなリンゴを手にした児童からは歓声が上がりました。

初めて収穫を体験したという児童は「地元でリンゴが栽培されているとは

知らなかった」と笑顔で話した。

 

 

 

青年部では将来の農業の担い手となる子どもたちに農業を正しく理解

してもらうことで地域農業の振興を目指そうと、積極的に農業のPR活動などに

取り組んでいます。収穫体験もその一環。

今回収穫体験に参加した児童の中で両親が農業に携わっている家庭は無く、

青年部では農業に興味を持ってもらうきっかけになればとしています。

かきたんも「ゆるキャラグランプリ2015」に参加しました
2015/11/25

★★「ゆるキャラグランプリ2015」★★

11月21日~23日、静岡県浜松市の渚園で全国のご当地キャラクターが参加する

ゆるキャラ®グランプリ2015 in 出世の街 浜松」が開催「出世大名家康くん」がグランプリに輝きました。

JA紀北かわかみからも「かきたん」が参加し、和歌山の柿と加工品の魅力を

全国に発信しました。

 

 

 

九度山小学校の児童が「真田タイム」で柿学習(11月12日)
2015/11/13

★★九度山小学校の児童が「真田タイム」で柿学習★★

九度山町立九度山小学校の3年生が12日、地域の特産品である「富有柿」に

ついての学習を行いました。

 

九度山小学校では地元ゆかりの戦国武将・真田幸村にちなみ、総合的学習の

時間を「真田タイム」と名づけて地元の特産品などを学んでいます。

この柿学習は、柿生産者とJA営農課が連携し、食農教育の一環として毎年

実施しているものです。

毎年恒例となった柿学習では、九度山町在住の中谷裕一さんとJA営農指導員が

講師を務めています。

 

児童らは柿の成育状況や品種の特徴、近年増加してきた鳥獣害被害、

これから始まる落葉の意味や剪定の必要性等を学びました。

児童からは「収穫の終わった樹はどうなるのか」「大きさが違うと値段は違うのか」

などの質問があがりました。

 

初めて柿の収穫体験に参加した児童からは「ものすごく大きな柿でびっくりした。

大きさや色を選ぶのが楽しかった」と喜びの声が上がりました。

 

藤戸台小学校の児童が選果場を見学(11月9日)
2015/11/13

☆☆藤戸台小学校の児童が選果場を見学☆☆

和歌山市立藤戸台小学校の4年生が11月9日、かつらぎ中央総合選果場に

社会科見学に訪れました。

これは実際に選果場や園地を見学することで、より理解を深めようというものです。

児童らは選果場に持ち込まれたたねなし柿がベルトコンベアで運ばれる様子や、

選別された柿が機械で箱詰めされる様子を興味深く見ながら、熱心にメモをとりました。

児童からは「一日にどのくらいの柿が出荷されますか」「おいしい柿の見分け方は

なんですか」などたくさんの質問があがりました。

質問にはJA担当職員と柿生産者が、わかりやすく興味が湧くように応えました。

 

 

見学後、児童らは近くの柿園地に移動。

色づいた富有柿を、丁寧に収穫し、旬の味覚を味わいました。

また持ち帰った柿で後日、干し柿づくりに挑戦します。

 

金剛峯寺に御用達米「天野米」を奉納(11月9日)
2015/11/09

■■金剛峯寺に御用達米「天野米」を奉納■■

11月9日、JA紀北かわかみが、高野山総本山金剛峯寺に御用達米

「天野米」の新米30キロ3袋を奉納しました。

かつらぎ町天野地区では良質な紀伊高野山系の清水を使って栽培。

2004年から金剛峯寺御用達米に認定されています。

金剛峯寺 上壇の間で行われた奉納式では、下林茂文組合長が

添田隆昭宗務総長に目録を手渡しました。

下林組合長は「農業はいつの時代も必要不可欠な産業。地域農家とともに

日本の農業を支えていかなければならない」と語りました。

「紀北川上農業協同組合天野良質米部会」は厳正な生産規準を遵守し

栽培した天野地区産キヌヒカリのなかから、食味75度以上の米のみを

高野山総本山金剛峯寺御用達「天野米」として販売しています。

今年度は多雨や日照不足といった天候不順に悩まされたものの、生産者

努力もあり品質は上々。

基準に達した約100袋が御用達米となりました。