JA紀北かわかみは、安心・安全を提供しています。いつも地域の皆さまの近くに。
ホーム
/
新着情報
福祉 2013年のお知らせ
食欲の秋!!スポーツの秋!!えびす運動会開催(10月8・10・12日)
2013/10/09

★★食欲の秋!!スポーツの秋!!

          えびす第8回運動会開催 ★★

 

        開催日:平成24年10月8日、10日、12日

 

 

◎運動会のプログラム ◎

 

 ラジオ体操

 ・選手宣誓

 ・玉入れ

 ・借り物競争

 ・スタッフによるお楽しみ競技

 ・友達の輪

 ・パン食い競争

 ・表彰式

 

紅組と白組に分かれて入場行進!!

さっそく競技開始!!の前に準備運動です。みんなでラジオ体操 ~♪

 

 

第一種目:玉入れ

 

球を両手いっぱいに抱えて気合十分!!みなさんいつも以上に真剣な眼差しですね。

 

第二種目:借り物競争 

 

 歩ける方も車椅子の方もゴールを目指してまっしぐら!借りてきた品物はあっていますか??

 

第三種目:スタッフによるお楽しみ競技「何枚着れるかな?」

 

スタッフによる「何枚着れるかな?」 重ね着して、何枚着れるかを競います!!

必死なスタッフに笑いと掛け声が止まらない利用者さん。みなさん大興奮ですね。

あれ?楽しい格好になってますよ。

 

第四種目目:友達の輪

 

一生懸命紙で作ったリングを運びます。落とさないで渡してくださいね。

 

健闘をたたえてトロフィー授与です

 

皆さんお疲れ様でした。

■天然アユを無料配布■(デイサービスセンターえびす 9月13日)
2013/09/13

■天然アユを無料配布■

 

JA紀北かわかみの介護サービス利用者353人に、

鮎の蒸し焼き2匹が無料配布されました。

鮎を提供してくれたのは和歌山県橋本・伊都地域の釣り愛好会「紀の川仲良し会(40名)」のみなさん。

▲ 炭火でじっくり1時間かけて鮎を焼いていきます。

▲ 内臓を取って食べやすいように工夫しています。1日で1000匹以上の

鮎をさばくんですよ。

▲ほいろをかぶせて鮎を蒸し焼きにするんです。この周りには香ばしい鮎の焼ける香りが!

 

▲当日、えびすに来ることができない方にはスタッフが手分けして

鮎をお届けしました。

 

「みんなで楽しく歌いましょう」(デイサービスセンターえびすかつらぎ)8月6日
2013/08/07

「みんなで楽しく歌いましょ」

 

えびすかつらぎに『こうちゃんとほっこりシスターズ』の皆さんが慰問に来てくれました。

紀北かわかみ管内の皆さんで結成されたグループで、今回が2回目の慰問コンサートです。

懐かしい歌謡曲を利用者さんと歌いました。

ハーモニカ、アコースティックギターのしっとりとした音色に会場は

優しい昭和の空気に染まったようでした。

 

 

買い物する喜びを♪(デイサービスセンターえびす)
2013/07/02

本日、初めての試みとして、『Aコープ出張店舗』が、デイサービスセンターえびすに登場しました!!

まずは、日持ちする品として・・・・果物や、お菓子、パン、乾物類などが並びましたよ!

なかでも 昆布飴は大人気!!

この出張店舗は、利用者にも大好評で、

自分の目で見て選び、自分で買う楽しさを満喫していました♪

▲「なかなか、自分では買い物には行けないから、楽しかったよ」「また買いたいよ~」と喜びの声

 

 

デイサービスセンターえびす/えびすかつらぎでは、随時無料体験を受け付けております。

ご希望の方は、デイサービスセンターもしくは、担当ケアマネジャーまでお問い合わせください。

      0736-42-5000(えびす)    ・   0736-22-6600(えびすかつらぎ)

 

 

 

読み聞かせの会が開かれました(かつらぎえびす6月28日)
2013/06/28

☆☆読み聞かせの会が開かれました☆☆

 

デイサービスセンターえびすかつらぎで、読み聞かせの会が行われました。

ボランティアグループ「プーさんの会」の皆さんが

それぞれ絵本の素晴らしい読み聞かせをしてくれました。

 

▲ 「ねずみのよめいり」を読み聞かせてくれた斉藤さん

利用者さんは有名な昔話に懐かしさを感じたそうです。

▲ 「わごむはどれくらいのびるのかしら」を読み聞かせてくれた中岡さん

輪ゴムがどんどん伸びていく様子に利用者さんは「うん、うん」とうなずきながら聞き入っていました。

▲「はけたよ はけたよ」を読み聞かせてくれた森さん

かわいらしい男の子のお話に利用者さんからは「かわいいなあ~」と微笑みが。

▲絵本の読み聞かせと昔懐かしい和歌山弁で「紀州の昔話」を扇子を使ってくれた高岸さん。

絵本「かたあしだちょうのえるふ」の悲しい場面では、目を潤ませている利用者さんも。

楽しい「紀州の昔話」の小話にはくすくすと笑い声がこぼれました。