JA紀北かわかみは、安心・安全を提供しています。いつも地域の皆さまの近くに。
ホーム
/
新着情報
営農 2014年のお知らせ
平成26年1月からすべての農業者に、記帳と帳簿等の保存が必要となりました
2014/12/29

平成26年1月から

すべての農業者に、記帳と帳簿等の保存が必要となりました

◆ 記帳する内容

農産物等の売上げなどの収入、雇人費や肥料などの経費、取引年月日や金額等を帳簿に記載。

◆ 帳簿書類の保存

帳簿のほか、請求書、領収書などの書類を整理して保存する必要があります。

 

これまで、白色申告者の記帳と帳簿書類の保存制度は前々年分、

あるいは前年分の事業所得、不動産所得または山林所得の合計金額が

300万円を超える方に必要とされていました。

しかし、平成26年1月からは、これらの所得を生ずべき業務を行うすべての

方について必要となります(所得税の申告の必要がない方も含みます)。

 

記帳・帳簿等の保存制度や記帳の内容の詳細は、

国税庁ホームページ(http://www.nta.go.jp)に掲載されていますのでご覧ください。

 

詳しくは各税務署等にご相談ください。

土壌診断結果に基づく傾向と対策説明会(12月15日)
2014/12/16
★★傾向と対策。実践しなければ意味がない★★

資材課・営農課が「土壌診断結果に基づく傾向と対策」と題した説明会を行いました。

JAでは夏と冬、組合員さんの圃場の土を集めて無料で土壌分析を行っています。
土壌分析は圃場の定期健康診断。

余分な養分が残っていないか?
足りない養分はないか?
病気・生育障害など土壌自体に悪いところはないか?

調べるだけでは結果に結びつかないので診断結果に基づく説明会を行っています。
管内のpH傾向、EC傾向、リン酸傾向などの実際の数値を示しながら傾向と対策が解説されました。
 

 
青年部のそばかち作業
2014/12/01

★★青年部のそばかち作業★★

12月1日、青年部部員たちがそばかちを行いました。

「そばかち」とは、そばの茎に激しい衝撃を加えてそばの実や種をそばの茎から

分離させる作業です。

8月末に種をまき、育ててきたそばを今年も無事に収穫し、実にすることができました。

実はとっても大切な土壌分析
2014/11/27

◆◆実はとっても大切な土壌分析◆◆

かつらぎ支店の2階で生産者の皆さんが提出してくれた土の

土壌分析が行われました。

JAでは夏と冬、園地の土を集めて無料で土壌分析を行っています。

毎年、多くの土壌分析依頼があるので県農職員、肥料メーカー社員、

営農指導員が土壌分析器(ZA-Ⅱ)を使って、pH値やリン酸、苦土、

石灰、カリウムのバランスを測定しました。

それぞれの畑に必要な成分を農家に通知し、適正な土壌改良や

生産コスト抑制につなげたいと頑張っています。

 

「幻の柿」とも呼ばれる紀の川柿
2014/11/27

JA紀北かわかみ管内で生産されている「幻の柿」とも呼ばれる紀の川柿。

紀の川柿は富有柿のようにシャキシャキした食感と甘みを持ち、黒砂糖のような粒々

(ポリフェノールの一種『タンニン』)が入った果肉が特徴です。

紀の川柿は和歌山県の紀北地方だけで栽培されており、生産には手間がかかるので、

流通量が少なく、希少な柿として人気が高い柿です。

紀の川柿は品種名ではなく、刀根早生柿、平核無柿といった渋柿を木になったまま

脱渋する方法で栽培したもの。

見た目や味が違うため、区別してこう呼ばれています。

紀の川柿は9月中~下旬の色づき始める前に、柿ごとに固形アルコールの入った

ポリエチレン袋を被せ、そのまま48時間以上おき、その後、袋の下半分を切り取り、

11月まで樹上で成長させ柿が色づくのを待ち収穫することになります。

紀の川柿は袋かけ処理から底切りまでの間に降雨があると、渋果や汚損果の発生が

増えるため、同JAでは降雨がない日に処理を行うよう指導しています。

処理期間中降雨にあい、ポリエチレン袋内に水が溜まってしまった場合や、袋が果実に

張り付いてしまうと脱渋が不十分になってしまう可能性が高いため、出荷はしないように

するなど品質の徹底を行っています。