JA紀北かわかみは、安心・安全を提供しています。いつも地域の皆さまの近くに。
ホーム
/
新着情報
営農 のお知らせ
桃の連作障害対策研修会を実施しました
2016/09/09

◎◎桃の連作障害対策研修会を実施しました◎◎

8月18日、かつらぎ南支店2階にて桃の連作障害対策研修会が開催されました。

 

桃は連作障害が発生しやすく、改植を重ねるにつれ樹の生育が劣ることが問題となっています。

従来の対策としては、大苗移植や客土が行われてきましたが

いずれも労働負担が大きく、生産者が高齢となってきている現状では

行っていくことが困難となっています。

そこで今回、野菜・花きなどの土壌病害虫対策として注目されつつあるエタノールを用いた土壌還元消毒について、かき・もも研究所から説明いただきました。

 

エタノールを実際にかん水している所です。

処理した後は1~2ヶ月間ポリ被覆を行います。

 

食農教育 ~小学生の梨狩り体験~
2016/09/07

採りたての梨はおいしいね!何個食べれるかな?

 

食農教育の一環で、橋本市立応其小学校の生徒56人が、

かつらぎ町東渋田にある坂田農園にて梨狩りの体験を行いました。

 

梨狩りの前にまずはお勉強です。

農業の役割や問題点、栄養等について営農指導員よりお話がありました。

その後はお待ちかねの「梨狩り」です。

何個食べれるかな??

なんと6個も食べたという男の子もいました!!

 

良い思い出になったかな?

この体験から「食」「農業」についてもっと興味をもってほしいです。

「農業経営・農業技術」研修制度開始
2016/08/19

 「農業経営・農業技術」研修制度開始

 

 当JAでは地域の新たな担い手育成・支援のため、新規就農を希望する方

を対象に「農業経営・農業技術」の研修制度を開始しました。

 

 JAトレーニングファームにおいて、和歌山県青年就農給付金準備型に対応できる

就農前1年間研修を行っています。

 

 平成28年度は、6月1日より1名が研修を受けています。

 

 次回受入は10月、3回目受入は翌年2月を予定しています。

 受入にあたっては、面接により選考を行わせていただきます。

 

 詳細についてのお問い合わせは、営農部までお願いいたします。

 

 

第4回目 担い手塾
2016/06/22

★農薬を基礎から学ぼう!(第4回目 担い手塾)★

営農課が6月9日、かつらぎ支店にて第4回目の担い手塾を行いました。

今回は農薬会社の方をお招きした、農薬の基礎についての講義内容でした。

農薬にはそれぞれ使用基準が定められていて

その使用基準を守って使用することで、食の安全を得ることができます。

安全な農作物を楽しく栽培するために、農薬のことをきちんと知っておくようにしましょう。

  

 【講義を受けている様子】       【農薬が水へ溶けていく様子を実験】

 

そのあとは、野菜園地でナスの誘引と追肥を行いました。

定植してから1か月半。

そろそろ各受講生が持ち帰った苗にも虫や病気が発生しているようで

最後の質疑応答では、防除方法の質問がありました。

【ナスの誘引をしている様子】

 

第2回目 担い手塾
2016/06/22

●○第2回目 担い手塾○●

今回の講義では、柿の摘蕾・接ぎ木について行いました。

担い手塾の受講生は、農家の方やそうでない方など様々ですが

今回の講義では

摘蕾ってなんだろう?

接ぎ木の方法って?

といった基礎的なことを、実践も通じて学びました。

 

【接ぎ木の実践を行っているところ】

 

さらに、蕾を間引いて着果量を調節する摘蕾は、大玉果生産を行うには重要になります。

今年の生育は去年よりも早いため、早めの摘蕾作業が必要となってくるとの説明がありました。

 

その後は、かつらぎ園地にて

きゅうり・なす・ミニトマトの定植と摘蕾の実習を行いました。

 

【ミニトマトを定植しています。茎と支柱は8の字で結んでゆとりをもたせるようにしましょう。】