JA紀北かわかみは、安心・安全を提供しています。いつも地域の皆さまの近くに。
ホーム
/
新着情報
営農 のお知らせ
食農教育 ~ブドウ狩り~
2016/09/15

 

梨狩りに引き続き、今回は城山小学校の児童がブドウ狩り体験をしました!

 

橋本市の堂田さんのブドウ園にお邪魔しました。

 

頭上にはブドウがいっぱい!

ブドウはどんなふうになっているのかな?

班ごとに分かれ、ブドウの収穫を体験します!

高いところは台に乗って採ります

気を付けてね!!

 

収穫したブドウはお家に持って帰って食べるそうです。

楽しみだね!!

 

収穫体験の次はお勉強です

青年部の方が、ぶどうや食についてお話をしてくれます!

 

今回収穫したブドウの品種は

巨峰・シャインマスカット・アリス・バラード

ベリーA・たかつまの6種類!

聞いたことない品種がいっぱいです!

 

かきたんも来てくれました!

 

いっぱい勉強したね!

この経験からもっと農業に興味を持ってもらいたいです。

第8回目 担い手塾
2016/09/09

◆◇柿収穫前作業・ナバナ、白菜の播種を行いました◇◆

8月25日、営農課がかつらぎ支店2階にて、担い手塾を開催しました。

8回目となる今回の講義では、柿の収穫前作業ということで

日当たりを良くし着色を促進させる摘葉や

太陽光の跳ね返りを利用するマルチの施用の説明を行いました。

さらに、柿の実をつけたまま樹上で脱渋する「紀の川柿」の処理方法についての説明もありました。

  

【紀の川柿 処理中】

 

さらに、野菜園地では

ナバナ・白菜の播種を行いました。

 

今回セルトレイへ播種されたナバナ・白菜は

10月に行われる担い手塾の際に定植する予定です。

桃の連作障害対策研修会を実施しました
2016/09/09

◎◎桃の連作障害対策研修会を実施しました◎◎

8月18日、かつらぎ南支店2階にて桃の連作障害対策研修会が開催されました。

 

桃は連作障害が発生しやすく、改植を重ねるにつれ樹の生育が劣ることが問題となっています。

従来の対策としては、大苗移植や客土が行われてきましたが

いずれも労働負担が大きく、生産者が高齢となってきている現状では

行っていくことが困難となっています。

そこで今回、野菜・花きなどの土壌病害虫対策として注目されつつあるエタノールを用いた土壌還元消毒について、かき・もも研究所から説明いただきました。

 

エタノールを実際にかん水している所です。

処理した後は1~2ヶ月間ポリ被覆を行います。

 

食農教育 ~小学生の梨狩り体験~
2016/09/07

採りたての梨はおいしいね!何個食べれるかな?

 

食農教育の一環で、橋本市立応其小学校の生徒56人が、

かつらぎ町東渋田にある坂田農園にて梨狩りの体験を行いました。

 

梨狩りの前にまずはお勉強です。

農業の役割や問題点、栄養等について営農指導員よりお話がありました。

その後はお待ちかねの「梨狩り」です。

何個食べれるかな??

なんと6個も食べたという男の子もいました!!

 

良い思い出になったかな?

この体験から「食」「農業」についてもっと興味をもってほしいです。

「農業経営・農業技術」研修制度開始
2016/08/19

 「農業経営・農業技術」研修制度開始

 

 当JAでは地域の新たな担い手育成・支援のため、新規就農を希望する方

を対象に「農業経営・農業技術」の研修制度を開始しました。

 

 JAトレーニングファームにおいて、和歌山県青年就農給付金準備型に対応できる

就農前1年間研修を行っています。

 

 平成28年度は、6月1日より1名が研修を受けています。

 

 次回受入は10月、3回目受入は翌年2月を予定しています。

 受入にあたっては、面接により選考を行わせていただきます。

 

 詳細についてのお問い合わせは、営農部までお願いいたします。