JA紀北かわかみは、安心・安全を提供しています。いつも地域の皆さまの近くに。
ホーム
/
新着情報
営農 のお知らせ
橋本管内で青色申告前の準備会を開催(1月31日~2月1日)
2015/02/03
★★橋本管内で青色申告前の準備会を開催★★

1月31日~2月1日橋本管内の納税協会会員を対象に、青色申告前の
準備会が開催されました。

青色申告とは、複式簿記等の手法に基づいて帳簿を記載して、
正しい所得や所得税や法人税を計算して申告することです。
もともとは申告用紙が青い色をしていたのでこの名になりました。

農業者にとっての総決算である確定申告で適正な納税をしてもらうため、
毎年準備会が開催されています。
相談に応じて的確なアドバイスをしてくれると、今年も大勢の会員さんが
準備会に来てくれました。
第9回 生産者大会開催のご案内
2015/01/22

第9回 生産者大会開催のご案内

JA紀北かわかみ管内の生産者が一堂に会し、共通の目標を持ち、

飛躍出来るよう生産者大会を計画致しました。

ご家族同伴で多数ご参加くださいますようお願いします。

 

開催日時   平成27年 1月29日(木) 

午後 1時00分 受付 / 午後 1時30分 開会

開催場所   橋本市産業文化会館「アザレア」

 

~ 大会内容 ~ 

  1.開  会

2.功労者表彰

3. 挨  拶

4.来賓祝辞

5.平成27年度生産・販売方針

6.スローガン唱和

7.記念講演

   『果樹の消費動向と柿産地への想い』

   株式会社「新宿高野」

  販売企画課チーフ、フルーツコーディネーター

久保直子先生

8.閉  会

 

担い手塾で今期最後の講義と実習(1月15日)
2015/01/15

◆◆担い手塾で今期最後の講義◆◆

 

営農課では、過去15期にわたって、次世代の農業の担い手の育成を最重点に置き、

農業の基礎知識や栽培技術の習得を行うため、多様な品目の栽培時期に合わせた講義と、

園地での実習を行う『農業塾』を開校してきましたが、今期から講義をさらに専門的な内容に変更し、

塾名も新たに『担い手塾』と変えて開講しています。

 

1月15日、JA紀北かわかみ営農課による『担い手塾』で今期最後の講義と実習が行われました。

講義では土づくりの基礎、野菜の基礎についてが説明され、

実習では9月に播種が行われた「なばな」の収穫が行われました。

 

 

 

 

 

マルガク総合選果場でハッサクの初出荷(1月8日)
2015/01/08

★★マルガク総合選果場でハッサクの初出荷★★

8日、マルガク総合選果場で、ハッサクの初出荷が行われました。

 

サイズによって仕分けられたハッサクがオレンジ色のネットに詰められたのち出荷されます。

和歌山県のハッサク収穫量は全国の生産高の約6割を占め、トップシェアを誇っています。

ハッサクは通常収穫後1カ月から2カ月程貯蔵され、酸味が落ち着いてから出荷されます。

同選果場でも昨年12月に収穫されたハッサクが約1カ月の貯蔵期間を経て、

糖度を増す熟期に出荷の時を迎えました。

 

主な出荷先は関東や東北地方。

7日の初選果までに約50トンが荷受けされました。

選果場担当者は「収量は平年並みだが、前年に比べて雨量が多かったので

大玉傾向にある。品質は良く、味も上々だ」と話しました。

平成26年1月からすべての農業者に、記帳と帳簿等の保存が必要となりました
2014/12/29

平成26年1月から

すべての農業者に、記帳と帳簿等の保存が必要となりました

◆ 記帳する内容

農産物等の売上げなどの収入、雇人費や肥料などの経費、取引年月日や金額等を帳簿に記載。

◆ 帳簿書類の保存

帳簿のほか、請求書、領収書などの書類を整理して保存する必要があります。

 

これまで、白色申告者の記帳と帳簿書類の保存制度は前々年分、

あるいは前年分の事業所得、不動産所得または山林所得の合計金額が

300万円を超える方に必要とされていました。

しかし、平成26年1月からは、これらの所得を生ずべき業務を行うすべての

方について必要となります(所得税の申告の必要がない方も含みます)。

 

記帳・帳簿等の保存制度や記帳の内容の詳細は、

国税庁ホームページ(http://www.nta.go.jp)に掲載されていますのでご覧ください。

 

詳しくは各税務署等にご相談ください。