JA紀北かわかみは、安心・安全を提供しています。いつも地域の皆さまの近くに。
ホーム
/
新着情報
営農 2019年のお知らせ
九度山小学校の児童が柿の収穫体験
2019/12/13

 

地元農家と連携して食農教育活動

◆◇富有柿の収穫体験◇◆

 

 

令和元年11月25日、

柿生産者と営農課が連携して食農教育の一環として実施している

柿学習「真田タイム」が九度山町在住の中谷裕一さんの柿園地で行われ、

九度山小学校3年生の児童が柿についての学習と

地元の特産品「富有柿」の収穫体験を行いました。

 

 

同校では総合的な学習の時間を戦国武将・真田幸村のゆかりの地にちなんで

「真田タイム」と名付け、「九度山の町自慢」をテーマに地元の特産品を学んでいます。

 

 

児童は同年7月の「真田タイム」で観察した柿との大きさや色付きの違い、

柿の採り方などを教わりました。

また、柿の収穫時期や収穫量、土づくりについてなど多くの質問を積極的に問いかけ、中谷さんの話に真剣に耳を傾けていました。

 

 

 

そして柿の学習の後、「富有柿」の収穫体験を行い、児童らは収穫鋏とポテを持って

自分好みの柿を見つけ収穫を楽しみました。

 

 

 

堺市立市新金岡東小学校の生徒が柿の渋抜き体験
2019/12/02

 

食農教育活動

◆◇子どもたちが渋抜き体験◇◆

 

 

令和元年10月24日、営農指導員が講師のもと、

堺市立市新金岡東小学校3・4年生59人が、柿の渋抜き体験をしました。

 

 

営農指導員から和歌山の果樹農業や柿の品種や栄養、剪定、摘蕾、摘果など収穫までの作業について説明を受け、農業や食の大切さを学びました。

 

 

柿にハロウィンシールを貼り、

へたをアルコールにつけ渋抜き体験を行う様子です。

 

この取り組みは、JAバンク食農教育活動助成事業を利用しています。

 

バケツ稲の刈り取りに児童ら挑戦!
2019/10/04

 

◆◇みんな丁寧に稲を刈り取れたよ◇◆

 

 

令和元年9月20日に応其こども園の園児34人、

同月25日に九度山保育所の園児30人が

バケツで育てた稲の刈り取り体験をしました。

 

バケツ稲の栽培は日本の主食となる米の栽培に触れ、

食の楽しさや大切さを伝えていく食育の一環として

管内各地で行っています。

 

園児たちの手で刈り取られた稲は約10日間自然乾燥させた後、

おにぎりやカレーなどにして食べる予定で、

毎年楽しみにしてくれています。

 

 

応其こども園

 

 

 

 

九度山保育所

 

 

 

 

 

城山小学校の児童がブドウ収穫体験
2019/10/04

 

地元農家と連携して食農教育活動

◆◇子どもたちがブドウ収穫体験◇◆

 

 

令和元年9月12日、かつらぎ町の長谷場正記さんのブドウ園で、

営農指導員が講師のもと、城山小学校3年生42人が

ブドウの収穫体験をしました。

 

 

         

 

長谷場さんから今年の生育状況やブドウの収穫方法について説明を受け、

児童らは思い思いのブドウを収穫しました。

営農指導員からはブドウの作り方や農業・食の大切さを学びました。

 

営農課では子どもたちに「農業や食のあり方」を楽しみながら学んでもらおうと、

積極的に食農教育活動を行っています。

この取り組みは、JAバンク食農教育活動助成事業を利用しています。

 

 

笠田小学校の児童が梨狩り体験
2019/10/04

 

地元農家と連携して食農教育活動

◆◇瑞々しくておいしい!子どもたちが梨狩りに挑戦◇◆

 

 

令和元年9月5日、青年部は、かつらぎ町にある坂田農園で

笠田小学校2年生49人の児童を対象に、

梨狩り体験と「食」の研修を行いました。

 

 

 

坂田さんより果実の採り方や食べ頃の選び方を指導していただき、

営農指導員からは地元で収穫される果実の種類や栄養・効能について説明をしました。

 

 

 

 

今回収穫したのは品種「豊水」。

児童らはおいしさのあまり口いっぱいに頬張り、梨狩りを楽しんでいました。

 

 

 

営農課では、毎年、食農教育活動の一環として

管内の小学校を対象に梨狩り体験をしています。

 

この取り組みは、JAバンク食農教育活動助成事業を利用しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

九度山小学校の児童が地元の特産品について学ぶ
2019/08/05

 

地元農家と連携して食農教育活動

◆◇みんなで地元の特産品を学ぼう◇◆

 

令和元年7月10日(水)、

柿生産者と営農課が連携して食農教育の一環として実施している

柿学習「真田タイム」が、九度山町在住の中谷裕一さんの柿園地で行われ、

九度山小学校3年生の児童が

地元の特産品「富有柿」と「平核無柿」について教わりました。

 

 

 

同校は、総合的な学習の時間を戦国武将・真田幸村のゆかりの地に関連付けて

「真田タイム」と名付け、「九度山の町自慢」をテーマに

地元の特産品などを勉強する機会としています。

 

 

児童らは柿の生育状況・品種の違い、摘蕾・摘果・剪定の必要性などの説明を受けた後、

事前に準備していた「13の質問」を投げかけ、

最後に現状の果実の様子をスケッチしました。

 

次回の「真田タイム」は柿の収穫時期の秋に行い、

夏の柿との違い等を勉強します。

 

 

 

学文路さつき子ども園の児童が黒枝豆の収穫体験
2019/08/05

 

青年部による食農教育活動

◆◇子どもたちが黒枝豆の収穫体験◇◆

 

 

令和元年7月3日(水)、青年部による食農教育活動として、

学文路さつきこども園4歳・5歳児の児童33人が

黒枝豆の収穫体験に参加しました。

 

 

 

児童らは青年部や営農指導員にサポートしてもらいながら、

一生懸命つるを引っ張って黒枝豆の収穫を楽しみました!

 

その後、子ども園に戻って農業や食についての勉強をし、

枝豆の試食でみんなは「おいしい!」と喜んで頬張っていました。

 

 

 

この取り組みは、

JAバンク食農教育活動助成事業を利用しています。

 

渋田小学校の生徒が桃の収穫体験
2019/07/30

 

地元農家と連携して食農教育活動

◇◆子どもたちが桃の収穫体験に挑戦◆◇

 

 

令和元年7月22日、かつらぎ町の安井仁志さんの桃園で、

かつらぎ町立渋田小学校4年生16人が桃の収穫体験をしました。

 

 

児童らは安井さんから桃の採り方について説明を受け、

楽しみにしていた桃の収穫体験を開始!

 

 

 

収穫後は営農指導員が講師となり、桃の品種や栄養、収穫までの作業内容や

食の大切さについて勉強しました。

 

児童らは採れたての桃を丸かじり!

溢れ出す果汁に美味しそうな表情を浮かべていました。

 

この取り組みは、

JAバンク食農教育活動助成事業を活用しています。

 

 

 

 

公告(製造請負工事)
2019/07/01