JA紀北かわかみは、安心・安全を提供しています。いつも地域の皆さまの近くに。
ホーム
/
新着情報
営農 2017年のお知らせ
青年部による食農教育(10月30日)
2017/10/31

◆◆大きなサツマイモを収穫したよ!!◆◆

JA紀北かわかみ青年部いと支部が、10月30日に九度山町安田島にある学童農園で、九度山町立九度山幼稚園、社会福祉法人くまのこ教室つくしんぼ園、応其こども園の園児を対象にサツマイモの収穫体験を実施しました。

サツマイモは園児たちが同青年部とともに6月に植えつけた「紅あずま」の苗約300本。

本年は10月の長雨により収穫が遅れ心配されましたが、土から顔を出す大きなサツマイモに園児たちは大喜びでした。

園児たちは青年部のお兄さんに補助してもらいながらも、持ち寄ったスコップで一生懸命にサツマイモを掘り起こしました。

収穫したサツマイモは今後園児たちのおやつになる予定です。

 

 

 

尚、この取り組みはJAバンク食農教育活動助成事業を利用しています。

 

 

柿の学習と渋抜き体験に挑戦(10月19日)
2017/10/26

◆◆これで柿渋がぬけるかな?◆◆

 

 伊都地方の特産品である柿に興味を持ってもらおうと、営農課が堺市立新浅香山小学校の児童を対象に柿の渋抜き体験学習を行いました。この活動は、小学校を訪問し、柿の渋抜き体験を通して柿の魅力や食の大切さを知ってもらうことが目的です。

 今回は渋柿のヘタ部分にアルコールをつけ、密閉したビニール袋の中で5~7日おくという方法で渋抜きを行いました。児童たちは自身で処理した2個の渋柿を家に持ち帰り、脱渋の様子を観察することになります。

  

尚、この取り組みはJAバンク食農教育活動助成事業を利用しています。

 

バケツ稲作り 大成功!!
2017/10/10

☆☆バケツ稲作り 大成功☆☆

営農課が9月下旬、橋本市立橋本こども園、橋本市立応其こども園、社会福祉法人さつき保育園、九度山町立九度山保育所の各園でバケツ稲の刈り取り作業を指導しました。

 

園児は用意された鎌を手に、初めての稲刈りに挑戦しました。

バケツ稲栽培は日本人の主食となる米の栽培に触れ、食の大切さを伝えていく

食育活動の一環として管内各地で行われています。

園児は「自分たちが植えた苗からたくさんのお米ができた!」と大喜びでした。

   

6月上旬に籾まきが行われた稲は園児たちの手で丁寧に刈り取られ、

約10日間自然乾燥させた後、ゴムボールとすり鉢を使って籾すりされ、

園児たちがおにぎりにして食べる予定です。

 

この取り組みは、JAバンク食農教育活動助成事業を利用しています。

営農課で食農教育 ~小学生のブドウ狩りと食の研修~
2017/09/21

食農教育の一環で、かつらぎ町立大谷小学校の生徒が、

中谷農園にてブドウ狩りの体験を行いました。

 

ブドウ狩りの前にまずはお勉強です。

最初に、ブドウの栽培方法や採り方についてお話がありました。

 

その後は、お待ちかねの「ブドウ狩り」です!

みんな上手に採れるかな?

   

自分たちで収穫した採れたてのブドウはとても美味しかったですね!

 

最後に、農業や食の大切さについてお話があり、

みんな興味を持って聞いてくれました。

今日のこの経験を通して、これからもっと農業に興味を持ってくれたら嬉しいですね!

 

この取り組みは、JAバンク食農教育活動助成事業を利用しています。

 

第6回目 担い手塾
2017/07/24

■□柑橘の摘果、黒枝豆の収穫体験を行いました□■

 

7月6日に、第6回目となる担い手塾がかつらぎ支店会議室にて開催されました。

今回は、「柑橘栽培の基礎」についての講義を行った後、近隣の八朔園地に移動して

「柑橘の摘果」の実習を行いました。

 

中晩柑は摘果が足りないと、小玉になり、糖度が上がりにくくなるだけでなく、

樹そのものが弱る原因となるので、早期の摘果が非常に重要となってきます。

実習では、残す果実と落とす果実の見極め方や、果実をならす位置、

について説明がありました。

 

その後は、かつらぎ支店に戻り、以前定植を行った黒枝豆の収穫体験を行いました。

 

【黒枝豆の収穫方法について、説明を受ける様子】

バケツ稲栽培~九度山保育所~
2017/06/22

美味しいお米ができますように!!

 

課が13日、九度山保育所の園児にバケツ稲作りを指導しました。

種もみは植える10日ほど前に水につけ、芽だしをしておきます。園児たちはどろどろになりながらも、自分のバケツに一生懸命に植え付けていました。

  

 

秋になり、お米ができると今度は稲刈りです。

出来上がったお米は、園児たちが脱穀・精米し、おにぎりになる予定です。

青年部の学童農園でサツマイモの植え付け体験
2017/06/09

JA紀北かわかみ青年部いと支部が、6月1日九度山町安田島の学童農園で九度山町立九度山幼稚園と社会福祉法人くまのこ教室つくしんぼ園、更に本年度は橋本市立応其こども園の園児たちも加わり、サツマイモの植え付け体験を実施しました。

 

  

 

畑は事前に青年部員がきれいに整備し、当日は子供たちが植えやすいよう畝に苗を並べ園児たちを迎えました。

 

  

 

このサツマイモは10月に収穫し、焼き芋やスイートポテトなど子供たちのおやつになる予定です。

新規就農者 年間研修コース修了生『第1号』誕生!
2017/06/08

1年間の研修課程を終え、修了証を授与!

 

5月31日、当JAが開始した農業研修事業において、

1年間の研修課程を研修生第1号として修了した

中田秀治さん(39)に修了証が授与されました

 

 

6月から中田さんは、

農地中間管理事業や円滑化事業を通じて借りる農地で地域の担い手として、

柿を中心に野菜を一部取り入れた農業経営に取り組まれます。

 

同研修は、地域の新たな担い手育成・支援のため、新規就農を希望する方を対象に

和歌山県青年就農給付金準備型に対応できる就農前1年間研修を行ったものです。

平成28年6月よりJA紀北かわかみトレーニングファームにおいて

年間プログラムを決め、毎月100時間、年間1200時間の研修でした。

 

平成29年3月より1名が研修を行っており、

7月には3人目の研修生を迎える予定です。

 

バケツ稲栽培~応其こども園~
2017/06/02

 園児がバケツ稲栽培に挑戦!!

営農課が応其こども園の園児にバケツを使って育てる稲作りを指導しました。園児はこの日のために10日ほど前から種もみを水につけ、芽だしをしたものを各自のバケツに丁寧に植え付けていきました。

 毎年営農課が地域の保育所や幼稚園、小学校と連携して行っているバケツ稲栽培は、日本人の主食となる米の栽培に触れることで、食の楽しさや大切さを伝えていく食育の一環として行われています。

 

 

第2回目 担い手塾
2017/04/28

◆◇第2回目 担い手塾◇◆

4月27日に、第2回目となる担い手塾が、かつらぎ支店会議室にて開催されました。

今回は、「柿の摘蕾・接ぎ木について」の講義を行った後、近隣の園地に移動して

「柿の摘蕾」「ナス・キュウリの定植」「黒枝豆の播種」の実習を行いました。

【摘蕾実習の様子】

柿を栽培している受講生も多く、日頃から感じていた疑問など質問が多かったようです。

【キュウリ定植の様子】

 

次回の担い手塾は、5月25日にかつらぎ支店にて、柿の摘果・ハク皮についての講義と実習を行う予定です。

平成29年度 担い手塾開講
2017/04/28

◆◆次世代農業の担い手育成を目指して◆◆

営農課が、4月13日、本店別館2階会議室にて「平成29年度 担い手塾」開講式と

第1回目となる講義を行い、23人が受講しました。

営農課では次世代の担い手育成を重視する観点から、農業の基礎知識・栽培技術

習得を行うことで楽しく農業に取り組んで頂くことを目的に講義を組んでいます。

第1回目の講義では、JAが行っている取り組みについての紹介や、野菜栽培の基礎

について講義が行われました。

今期の「担い手塾」は全13回を計画しており、塾生は講義と実習を交えながら、時期

に応じた柿栽培や野菜栽培などを学ぶことになります。

『担い手塾』 第19期 受講生を募集します!
2017/02/13

 

 

 JA紀北かわかみでは、今年も『担い手塾』の受講生を募集します。

 

    この機会に、農業の基礎知識と栽培技術を習得しませんか?

    申込締め切りは3月31日となっています!

 

 

  ↓クリックでpdfを表示します

    

 

    興味のある方は是非お問い合わせください!

新規就農者 先進地視察研修会実施
2017/01/27

 

新規就農者 先進地視察研修会実施

 

 

営農部では、1月26日に伊都振興局・市町・県農業公社と連携し、

新規就農者を対象とした先進地視察研修会を開催しました。

 

他産業から農業に新たに着手している青年就農給付金受給者や関係職員ら18名で、

有田地域の新規就農からの成功している優良事例2カ所の研修を行うとともに

道中等を利用し情報交換等を行い、参加者の交流・ネットワーク作りを促しました。

 

 

◎当JAでは地域の新たな担い手育成・支援のため、新規就農を希望する方を対象に

「農業経営・農業技術」の研修制度を開始しています。

 

JAトレーニングファームにおいて、和歌山県青年就農給付金準備型に対応できる

就農前1年間研修を行っています。

 

平成28年度6月より1名が研修生となっており、平成29年3月より1名が研修します。

 

次回受入は、平成29年6月を予定しています。

受入にあたっては、面接により選考を行わせていただきます。

詳細についてのお問い合わせは、営農部までお願いいたします。