JA紀北かわかみは、安心・安全を提供しています。いつも地域の皆さまの近くに。
ホーム
/
新着情報
JAだよりのお知らせ
紀の国わかやま国体2015でJAグループも出店
2015/10/05

紀の国わかやま国体2015にJAグループが出店

10月3日~4日、『かきたん』は紀の国わかやま国体の陸上競技が行われている

和歌山市・紀三井寺陸上競技場内にある「きいちゃん広場」に、JAグループ和歌山の

一員として、和歌山県内の農産物や加工品の販売応援に出かけました。

 

 

チャレンジする精神を忘れずに!!新たに6人がJAに入組(9月30日)
2015/09/30

◆◆チャレンジする精神を忘れずに!!新たに6人がJAに入組◆◆

中途採用職員6人、正規当用者3人の入組式が本店4階大ホールで

行われました。

新入職員らは常勤役員らと顔合わせの後、下林組合長から辞令を

受け取り、各自が目指す姿や目標を力強く述べました。

下林組合長は「これから多くの困難や壁にあうこともあると思いますが、

仕事に喜びを見出して、常に挑戦を忘れず頑張ってください」と激励しました。

青年部企画 ブドウ狩り(9月16日)
2015/09/17

☆☆甘くておいしいブドウをぱくり!!☆☆

JA紀北かわかみ青年部が9月16日、農業体験と食農教育の一環として、

橋本市内にあるブドウ園でブドウ狩り体験を実施しました。

参加したのは橋本市立西部小学校の2年生49人。

児童は約100平方メートルのブドウ園で、コンテナに乗ってたわわに実った

「マスカット・ベリーA」「高妻(たかつま)」といった4品種を収穫し

異なった品種のブドウの食べ比べを楽しんだ。

 

青年部部員で園主の堂田奈央さんがブドウの栽培の歴史や植生を説明。

ブドウの花を示し、「ブドウの花は花びらを持たず、メシベと

オシベだけがあります」と紹介しました。

児童は普段はあまり目にすることのない小さな実のような花を

興味深げに観察しました。

また、ブドウの食べ比べでは、「それぞれ味が違っておいしいね」と笑顔でほおばりました。

青年部では次世代を担う子どもたちに農業を通じて「農業や食の在り方」を

楽しみながら学んでもらおうと、積極的に食農教育を行っています。

 

 

極早生たねなし柿の出荷始まる(9月5日)
2015/09/10

☆☆極早生たねなし柿の出荷始まる☆☆

5日、極早生たねなし柿「中谷早生」の初選果が始まりました。

かつらぎ中央総合選果場(かつらぎ町妙寺)には、管内から次々と柿が入荷。

機械と作業員がベルトコンベアーで流れてくる柿の等級やサイズを選別しました。

 

この日出荷されたのは1050ケース(約7.5t)。箱詰めされた柿は7日、北海道市場に出荷されました。

かつらぎ中央総合選果場は、かつらぎ町内の5つの選果場を統合し、敷地面積4.5ha。

1日に最大225tの柿を処理できる最新鋭の設備を備えた国内最大級の選果場です。

効率的な選果を目指すとともに、非破壊内部品質センサーや予冷・保冷機能を持つ

自動倉庫、全ラインへの金属探知機導入など、消費者が求める「食の安全・安心」に最重点を置いています。

 

『かきたん』のお友だち100人プロジェクト実施中!
2015/09/06

 『かきたん』のお友だち100人プロジェクト実施中! イベント会場で『かきたん』に出会ったらスタッフに「友だち100人プロジェクト」と声をかけてください。『かきたん』と一緒に写真を撮って、facebookで紹介させていただきます。 100人と言わず、もっと多くのみなさんとお友達になりたいと思っていますので、恥ずかしがらないで声をかけてくださいね(*^_^*) どうぞ、よろしくお願いします。

Posted by 紀北川上農業協同組合(JA紀北かわかみ) on 2015年9月6日
第2回片男波カレー音楽祭にかきたん登場(8月23日)
2015/08/27

◆◆第2回片男波カレー音楽祭でかきたんが

        「スカッと柿酢!!」とJAをPR◆◆

第2回片男波カレー音楽祭が片男波海水浴場・野外ステージで開かれ、

カレーと音楽のステージやPRキャラクター大集合など多彩な

パフォーマンスが繰り広げられました。

来場者は各店自慢のカレーや料理を味わったり、熱いステージを楽し

んだりして過ごし、会場は終日にぎわいました。

PR隊員かきたんもステージや会場をまわって「スカッと柿酢!!」や

JA紀北かわかみのPRに務めました。

 

 

KaQiLar(カキラ)に挑戦!体の歪み、改善しましょう(女性大学)
2015/08/25

◆◆KaQiLar(カキラ)で体の歪み、改善しましょう◆◆

女性大学でろっ骨を中心とする関節を動かして、身体の機能改善を目指す

エクササイズ・KaQiLar(カキラ)が実施されました。

気づかないうちに悪くなった姿勢や崩れた体のバランスを無理なく

ゆったりとした動きで関節を伸ばしたり体をねじったりしながら

改善していきます。

 

 

骨の構造や、筋肉のつき方を勉強しながらなのでとっても効果的。

最初はまっすぐ足を延ばした状態でつま先を触れなかった方も、

「えいやっ」と勢いをつけなくても体が曲がるようになりました。

 

土壌分析結果説明会(研修会)のご案内
2015/08/12

土壌分析依頼者 各位

土壌分析結果説明会(研修会)のご案内

 

平素は、当JAの各事業にご支援、ご協力を賜り厚く御礼申し上げます。

さて、先般からご依頼を頂いておりました土壌分析結果につきまして、

結果説明会(研修会)を下記の通り2会場において開催します。

本年度は1日目と2日目の研修内容を入門編と専門編に分けて開催しますので、

是非ご出席くださいますよう御案内申し上げます。

 

開催日時と場所

(入門編)平成27年8月20日(木) 午後 1時30分より

JA紀北かわかみ かつらぎ支店 2階 大研修室

伊都郡かつらぎ町大谷1201-1

    〈内容〉

「初心者でもわかりやすい土壌・肥料の入門編」(1時間30分程度)

講師 和歌山県農 金岡次長

  

(専門編) 平成27年8月21日(金) 午後 1時30分より

JA紀北かわかみ 本店別館 2階 大研修室

             橋本市高野口町名古曽925-1

    〈内容〉

「土壌診断によるバランスのとれた土づくり」(1時間30分程度)

             講師 片倉チッカリン㈱ 野口技術顧問

 

※どちらの会場でも、ご出席頂けます。

就農をお考えの方、一般の方、土壌分析依頼をされていない方も

ご参加いただけますのでお気軽にお越しください。

ちゃぐりんフェスタで夏の思い出づくり(8月9日)
2015/08/10

☆☆ちゃぐりんフェスタで夏の思い出づくり☆☆

JA紀北かわかみは9日、橋本市高野口町嵯峨谷にあるふるさと体験村

(橋本市高野口山村体験交流促進センター)で、ちゃぐりんフェスタを開催しました。

これは雑誌『ちゃぐりん』を活用し、運動と食事の両面から食農教育に対する

意識を高め、若年層のJAファン増加を目指そうというものです。

 

 

参加したのはフレッシュミズを中心とする子ども21人と大人12人。

参加者は『ちゃぐりん8月号』に掲載された水稲に関するクイズや、ウッドバーニング、

野菜の収穫体験、流しそうめんを楽しみました。

 

 

今回は自然とふれあい、農業や農作物を肌で感じてもらいたいと、

地元農家に協力してもらい、野菜の収穫体験を企画。

収穫された夏野菜は、昼食の猪肉を使ったカレーの具材になりました。

 

またスタッフ手製の竹のといを使った流しそうめんでは、子どもたちは

大喜びで流れる水の中に箸を入れ、そうめんを味わいました。

 

第15回女性フェスタ「夏の運動会」を開催
2015/08/05

☆☆夏の運動会開幕☆☆

JA紀北かわかみの女性会が8月3日、和歌山県立橋本体育館で

第15回女性フェスタ「夏の運動会」を開催し、125人の会員が参加しました。

 

参加代表者が「力を合わせ、戦うことを誓います」と力強く宣誓をしました。

7チームに分かれた参加者は本を頭に乗せたままリレーを行うモンローウォーク、

エプロンと三角巾をタスキ代わりに使って洗濯物干しと取入れをする

「洗濯日和」など、日ごろから練習ができないユニークな競技を楽しみました。

 

 

皇室へ温室柿を献上
2015/08/05

☆☆皇室へ温室柿を献上☆☆

JA紀北かわかみ施設柿部会が、8月4日、妙寺総合選果場で皇室へ温室柿を献上するための

荷造り式を行いました。

 

箱詰めされた温室柿は刀根早生柿15個入り4ケース。

8月7日に施設柿部会・水浦言仁氏とJA常務理事・宮本幸博氏が献上します。

皇室への献上は1988年から始まり、今年で28回目を迎えました。

温室柿は、重油などの燃料を燃やして室温を上げたビニールハウスで栽培することで、

露地栽培より約2ヶ月早く収穫することができます。

 

荷造り式では白手袋をはめた生産者や、県・かつらぎ町・JAの関係者が

厳選した柿にフルーツキャップを被せ、箱詰めを行いました。

下林茂文代表理事組合長は「近年は健康志向ということから柿の機能性が

注目されています。これからも日本一の柿産地を守り盛り上げていきたい」と語りました。

 

おかげさまで10周年&5周年デイサービスセンター夏祭り
2015/07/31

◆◆おかげさまで10周年&5周年!!

        デイサービスセンター夏祭り◆◆

今年でデイサービスセンターえびすが10周年、えびすかつらぎが5周年を迎え、

恒例となった夏祭りは、えびす(7月18日)・えびすかつらぎ(7月25日)それぞれ

例年以上の盛り上がりとなりました。

スタッフによる屋台で賑わう会場では、吹奏楽部による演奏、「真田ちゃいるど」に

よるダンス、紀の国わかやま国体イメージソングを手掛けるウインズ平阪氏による

ミニライブも開催されました。

 

会場には「かきたん」とともに、今秋開催される紀の国わかやま国体・紀の国

わかやま大会のマスコット「きいちゃん」が登場してイベントを盛り上げてくれました。

  

  

女性大学 聞けば得々!知らなきゃ損をする主婦の節約術
2015/07/31

☆☆聞けば得々!知らなきゃ損をする主婦の節約術☆☆

女性会フレッシュミズが中心となって運営する女性大学で「プロが教える

家計簿なしの貯金術」と題した節約貯金術の講義を開かれました。

講義ではメディアでも活躍中のファイナンシャルプランナー前野彩さんを

講師に招き、主婦にとって重要な「時短と労力カット」を実現する

家計管理が紹介されました。

また、ローン・年金・税金・保険を味方につける方法の裏技も公開されました。

 

 

 

JA紀北かわかみ青年部 部員募集
2015/07/31

若手生産者の皆さん!青年部活動に参加しませんか?

JA紀北かわかみ青年部 部員募集

管内の仲間があなたの参加を待っています!!

 

JA紀北かわかみ青年部は、若手生産者の皆さんに農業経営者として

見聞を広め、成長する機会を提供しています。

興味のある方は、お気軽に営農指導員までお尋ねください。

▼学童農園指導                 ▼耕作放棄地でのニンニク栽培

 

 

営農部営農課(0736-43-2555) 担当:井上・筒香