JA紀北かわかみは、安心・安全を提供しています。いつも地域の皆さまの近くに。
ホーム
/
新着情報
営農のお知らせ
◆◆情報サービス「つたえるネット」のご案内◆◆
2013/05/22

情報サービス『つたえるネット』のご案内

 

JA紀北かわかみでは、電子メールを使った情報サービスを行っています。

『つたえるネット』では、JAの営農情報などを随時配信しています。

 

 ■ 『つたえるネット』ではこんな情報を配信中!

①栽培品目ごとの、防除や施肥、台風時の緊急連絡などの情報。

②選果場ごとの荷受け日などの情報。

③JAの各部門からのお知らせやイベント情報。

④うめ・柿・柑橘・もも・すもも・水稲・野菜などの栽培品目ごとの営農情報。

( 園地での実地講習会の開催案内 ・ 目ぞろえ会などの情報も配信中 )

 

 

■ 受信に必要な端末

 インターネットに接続してあるパソコン

 

 電子メールが使える携帯電話・スマートフォンなど

 

 

■ 利用料金(インターネット接続のため通信費が発生します)

加入料金 : 1,000円 (脱退時に返金はありません)

利用料金 : 1,200円 (年間)

 

 

■ 申し込み方法

各支店に申込用紙がございます。

(利用料引き落とし口座のお届け印が必要になります。)

 

 

つたえるネットに関するお問い合わせは、各支店窓口または本店総務課まで。

▲ 実施された柿の摘蕾講習会です。

▼ 実施された梅の摘心講習会です。

 

* 「つたえるネット」は、JA紀北かわかみ管内の情報を配信しています。

ご注意ください(つたえるネットについて)
2013/05/22

『つたえるネット』に登録しているにもかかわらず情報が届かない。

最近、急に情報メールが届かなくなった。

 

このような状態になってしまっている方はいらっしゃいませんか?

 

◆ 原因として考えられる理由 

① 最近、携帯・スマートフォン等の機種を変えた。

→ 機種の変更時に迷惑メール設定をした。

  初期設定が、パソコンからの大量送信メールを受信しないようように設定してある場合もあります。

 

② 自身で迷惑メールの設定をした。

③ 電子メールのアドレスを変更した。

 

 

◆ こんな会話をしませんでしたか? 

① 最近、迷惑メールが増えたので、ご家族に「こんな迷惑メールが来ないようにしてほしい」と、頼んだ。

② 携帯ショップで「変なメールがたくさんくるので、止めてほしい」と頼んだ。

 

 

上記以外の原因の場合もございます。

不明なことがあれば各支店・総務課までお問い合わせください。

 

◇◆営農◆◇トレーニングファームでキウイの摘蕾をしました
2013/05/20

キウイの摘蕾をしました

 

営農課ではトレーニングファームを設け、新規就農者に果樹栽培の基本を実践で学んでもらっています。

この日はキウイの摘蕾作業です。キウイの摘蕾では、3つある蕾を2つ落として1つにします。

 

▼摘蕾前

 

▼摘蕾後

地味な作業ですが、摘蕾はとても重要な作業です。

摘蕾をすることで、残った果実に養分を集中させることができるので、果実は大きくなります。

また、花が少なくなるので受粉作業が行いやすくなるという効果もあります。

 

作業をしていると蕾を食害する幼虫がいたので、急遽殺虫剤の散布を行いました。

 

 

ハウス桃が初出荷されました(九度山・マルい選果場)
2013/05/15

◎美味しいハウス桃の初出荷です◎

 

本日5月15日、九度山マルい選果場でハウス桃の初出荷が始まりました。

少し小振りですが、みずみずしく甘い桃が綺麗に並べられ、出荷されていきました。

今回出荷された品種は「ちよひめ」です。

▲ 桃は繊細な果物なので、傷つけないように丁寧に丁寧に出荷されていきます。

▲ JA職員が箱詰めされた商品を慎重に運びます。

▲ 暖かなハウス内で、大切に育てられ桃です。

  この写真は九度山町の狭間さんのハウス桃です。

5月26日 高野山参詣登山が実施されます。(営農課)
2013/05/08

◆◆第29回 高野山参詣登山が開催されます◆◆

 

5月26日㈰伊都橋本青少年団体連絡協議会が主催する高野山参詣登山が開催されます。

当日、JA紀北かわかみ営農課はジョインジュースや「元気で酢」を配布して

登山参加者を応援します。

写真は昨年の高野山登山の模様です。

 

◇◆営農◆◇梅の摘心講習会を開催
2013/05/06

かつらぎ町の梅園地にて、伊都振興局から講師を招き、梅の摘心講習会を開催しました。

梅の摘心処理は、枝の背面から発生した新梢を約10cm残して摘心します。

この処理を行うことで、枝の伸長を押さえ、冬場の剪定時間の短縮につなげることができます。

 

▼摘心処理前

 

▼摘心処理後

 

技術の周知を図るため、見本樹を設置しました。

◇◆営農◆◇第3回農業塾を開催
2013/04/26

第3回農業塾を開催しました。

 

今回は「柿の摘蕾の基礎」の講義と「こどもピーマンの定植」「トウモロコシの播種」「柿の摘蕾」の実習でした。

 

 

こどもピーマンを植え付けて支柱をたてました。

 

 

茎と支柱は8の字で結ぶのがポイントです。

 

 

柿園地に移動して摘蕾実習です。

柿を栽培している受講生も多く、日頃から感じていた疑問など質問が多かったようです。

極早生たねなし柿の栽培講習会を開催
2013/04/23

各地域で極早生たねなし柿の栽培講習会を開催しました。

 

極早生たねなし柿は枝と枝の間隔が狭く、果実に傷がついたり、摘蕾に時間がかかったりするので、芽かき作業が必要になります。

 

M・L果を生産するために必須の作業のため、生産者のみなさんは熱心に聞き入っていました。

 

▼芽かき前

 

▼芽かき後

 

購買担当者も同行し、オススメ商品を紹介しました。

第2回農業塾
2013/04/19

第2回農業塾を開催しました。

今回の講義内容は「野菜栽培の基礎」と「こどもピーマン、トウモロコシの栽培」でした。

そして今回から、農業塾用圃場での実習も始まりました。

今回は圃場準備です。畝を整地後、班に分かれてマルチを被覆しました。

西風と戦いながらの作業となりましたが、みなさんのチームワークのおかげで全ての畝にマルチを敷き終えることができました。

次回はいよいよこどもピーマンの定植とトウモロコシの播種です。

第15期農業塾開校式
2013/04/12

第15期農業塾の開校式を執り行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年の受講生は40名。

昨年は34名で、全ての講義に出席された皆勤賞の方は26名いらっしゃいました。

15期生のみなさんも皆勤賞目指して頑張っていただきたいですね。

開校式の後、塾長の農業の魅力についての講話、営農部長よりJAの取り組みについて紹介がありました。

 

ブドウセミナー開催
2013/04/12

◆◇注目のブドウ新品種シャインマスカット!!◇◆

 現在、注目の品種「シャインマスカット」を中心に、3月4日、ヤマハシ選果場で講習会が開かれ、講義後は園地で剪定の実演がありました。

 ブドウは、品種により栽培方法・使用農薬に違いがあるので、参加した管内農家36名からは、熱心な質疑が飛び交いました。