JA紀北かわかみは、安心・安全を提供しています。いつも地域の皆さまの近くに。
ホーム
/
新着情報
営農 2019年12月のお知らせ
九度山小学校の児童が柿の収穫体験
2019/12/13

 

地元農家と連携して食農教育活動

◆◇富有柿の収穫体験◇◆

 

 

令和元年11月25日、

柿生産者と営農課が連携して食農教育の一環として実施している

柿学習「真田タイム」が九度山町在住の中谷裕一さんの柿園地で行われ、

九度山小学校3年生の児童が柿についての学習と

地元の特産品「富有柿」の収穫体験を行いました。

 

 

同校では総合的な学習の時間を戦国武将・真田幸村のゆかりの地にちなんで

「真田タイム」と名付け、「九度山の町自慢」をテーマに地元の特産品を学んでいます。

 

 

児童は同年7月の「真田タイム」で観察した柿との大きさや色付きの違い、

柿の採り方などを教わりました。

また、柿の収穫時期や収穫量、土づくりについてなど多くの質問を積極的に問いかけ、中谷さんの話に真剣に耳を傾けていました。

 

 

 

そして柿の学習の後、「富有柿」の収穫体験を行い、児童らは収穫鋏とポテを持って

自分好みの柿を見つけ収穫を楽しみました。

 

 

 

堺市立市新金岡東小学校の生徒が柿の渋抜き体験
2019/12/02

 

食農教育活動

◆◇子どもたちが渋抜き体験◇◆

 

 

令和元年10月24日、営農指導員が講師のもと、

堺市立市新金岡東小学校3・4年生59人が、柿の渋抜き体験をしました。

 

 

営農指導員から和歌山の果樹農業や柿の品種や栄養、剪定、摘蕾、摘果など収穫までの作業について説明を受け、農業や食の大切さを学びました。

 

 

柿にハロウィンシールを貼り、

へたをアルコールにつけ渋抜き体験を行う様子です。

 

この取り組みは、JAバンク食農教育活動助成事業を利用しています。