JAについて
ホーム
/
JAについて
/
農産物安全安心運動
JA紀北かわかみ農産物安全安心運動について

信頼ある豊かな産地づくりの構築に邁進します。

JA紀北かわかみにおいては、他産地で無登録農薬の問題が起きた時点で、
いち早く「農薬安全使用推進本部」を設置し、農薬安全使用の推進・栽培記録記帳運動に取り組んできました。

その後全国的に共通ルールを持った「安全・安心運動」が推進されています。

こうした背景の中、当JA紀北かわかみも平成16年7月より第2次「安全・安心・高品質農産物推進本部」を設置し、運動の展開を強化しました。生産者はもとより、全組合員をはじめ、消費者の皆様方にも、ぜひ「安全・安心運動」の趣旨をご理解いただき、信頼ある産地づくりに取り組むための指針を作成しています。この運動の中には、生産者とJAとの協定書の締結があります。一人ひとりの誤った行動で産地の崩壊になりかねません。JAもその仕組み作りをしなければなりません。お互いに産地を守るため、この「安全・安心運動」を厳守するとともに、より高品質生産・販売を目指し、信頼ある豊かな産地づくりの構築に邁進します。

JA紀北かわかみ「安全・安心・高品質農産物」推進本部
本部長(代表理事組合長)
宮崎 卓郎
1.農産物安全安心運動とは

JAグループでは、「食の安全・安心確保に向けたJAグループの取り組み方針」を決定し、
その中で「安全・安心運動」に取り組む事になりました。

「安心・安全運動」とは【図1】【図2】で示している一連の運動を通じ、
消費者に「安全・安心」な農産物を提供し、信頼ある産地づくりを強化するシステムです。

STEP.1 一連の手順【図3】は、まずJAの共通ルールである「運営規程」を作ります。
STEP.2 次に、運営規程に沿い生産グループ別に「生産基準」を作成します。
STEP.3 生産者は生産基準を遵守することについて納得の上、
JAと「協定」し、生産基準に基づいた「栽培管理」並びに「記帳」を行います。
STEP.4 JAは生産日誌(栽培記録)をチェックし、
生産基準を満たしている事を確認の上、集出荷を行い販売します。
STEP.5 生産日誌(栽培記録)については、「生きた情報」であるため、
販売促進に役立てたり、地域に併せた生産基準づくりのため翌年に生かします。
STEP.6 また、内部検査委員会を設置し、
この運動が正しく行えているかを調査し、運動を正しい方向に導きます。
STEP.7

この一連の運動を通じ、安全・安心な農産物の生産と、消費者に対し信頼を強化してい

く運動が「安全・安心運動」です。

2.農薬使用基準の厳守

全国各地での無登録農薬使用が判明し、国産農産物への信頼が著しく損なわれたことにより、
平成15年3月、改正農薬取締法が施行されました。

 

生産者の皆さんにも、法律に基づいた農薬の適正な使用が義務づけられています。
違反した場合は、3年以下の懲役、または100万円以下(法人は1億円以下)の罰金が課せられるなど法律が大きく変わりました。無登録農薬の使用は、大規模な圃場はもちろん、家庭菜園や庭先の果樹に使用することも法律で禁止されたことや、環境や人間への悪影響をできるだけ抑え、同時に作物への残留を防ぐため、農薬の使用基準も法律に導入されました。

食用作物、飼料作物に農薬を使う場合、以下の(1)〜(4)が義務付けられました。

(1) その農薬に適用がある作物だけに使用する。
(2) その作物に対して定められた使用量(使用濃度)を厳守する。
(3) その作物に対して定められた使用時期を厳守する。
(4) その作物に対して定められた使用総回数を厳守する。

※これらは、農薬ラベルに記載されていますので、必ず確認のうえ防除しましょう。また、食品衛生法により、消費地で残留基準値を超えた農産物が検出された場合、行政からの回収命令により回収しなければなりません。

3.農薬飛散防止

農薬使用基準に基づき使用していても、次に気を付けなければならない事は、防除器具の洗浄不足による
未登録農薬(適用外)農薬検出問題や、隣接園地からの飛散による未登録農薬(適用外)農薬検出問題です。
特に館内は栽培農産物の種類が多いため、気を付けなければ上記のような未登録(適用外)農薬の混入や飛散などが心配されます。
産地全体で農薬飛散防止運動の実践を徹底しましょう。

(1) 隣接園地においては、農薬が他園へ飛散しないよう隣接園を背面に防除する。
(2) 防除終了後や防除品目変更する場合は、ホース・タンク・動力噴霧器はよく洗浄し残液が残らないようにする。
(3) スピードスプレヤー使用の場合、散布ノズルの角度や圧力を考慮し、他園に飛散しないようにする。
(4) 混植栽培の場合、両者に登録のある薬剤での防除を実施する。また、園地を単一品目栽培に改善する。